たるみの有無で見た目年齢も大幅チェンジ|リフトアップの最前線

大人気のリフトアップ治療

カウンセリング

治療効果に差があります

肌のたるみを解消することができれば、見た目の印象をグッと若返らせることができます。肌にたるみが発生すると、垂れ下がった皮膚の重みで目尻や唇の端が下に引っ張られるようになります。若い頃に比べて垂れ目気味になってきたように感じている人は、老化による肌たるみが進んでいる可能性があります。何もせずに放置しておくとドンドン症状が進行していきますので、早めに美容外科クリニックに行ってリフトアップ治療を受けるようにした方がよいです。それぞれの美容外科クリニックが独自の工夫を凝らしたリフトアップ治療を行っていますが、どの方法を利用するかでリフトアップ効果の現れ方や治療効果の持続期間が大きく変わってきます。ごく大雑把に言ってしまうと、メスで切る治療の方が改善効果に即効性があり、なおかつ効果持続期間も長くなっています。一方、メスを使わない方法で治療を受けた場合は、リフトアップ効果が実感できるようになるまでに少し長めの時間がかかります。また、治療効果をあまり長く保ち続けることができません。その代わり、組織に対する侵襲を必要最小限に抑えることができるため、日常生活に支障が出にくいというメリットがあります。ただ単純にネットの口コミ人気が高いリフトアップ治療を受けようとする人が多いですが、それが自分にとって最善の方法であるのかどうかをよく考えてみる必要があります。また、たるみの症状が重い場合は、改善効果が期待できる治療方法が自ずと限られてきます。いくらネットで評判になっている方法でも、その方法が自分の症状に適しているとは限りません。ですので、担当医とよく相談して、自分の症状に一番合った治療方法を選ぶようにすることが大切です。

糸でたるみを改善する

ここ数年、俄然注目を集めるようになってきたリフトアップ治療があります。それは、皮膚の下に特殊な糸を埋め込む方法です。糸を埋め込む際に顔の皮膚を大きくめくり上げられてしまうのではないかと心配する人がたまにいますが、そのような大掛かりな手術は行われません。実際には、肌に開けた小さな穴から1本ずつ糸を挿入していくことになるため、顔に目立つ傷跡が残ってしまう心配をする必要はありません。全くダメージを受けないわけではありませんが、肌をメスで切る場合に比べると、体が受けるダメージを大幅に減らすことができます。ごく短いダウンタイムで済ませることができるため、忙しい現代女性には最適です。メスを使わないリフトアップ治療の1つに、ヒアルロン酸注射を用いる方法があります。その手軽さが受けて大流行していますが、治療効果が半年から2年位しか持たないという難点があります。でも、顔に糸を埋め込む治療を受けた場合は、10年近くリフトアップ効果を維持し続けることができます。追加で何度も治療を受けに行く必要がないため、糸を用いるリフトアップ治療が高い人気を集めています。特殊な糸を肌に埋め込む治療は、大きく2種類に分けることができます。1つは、表面にトゲのような突起加工を施した糸を肌に埋め込み、そのトゲに皮膚を引っ掛けてギュッと引っ張り上げる方法です。そしてもう1つは、肌に純金製の糸を肌に埋め込んで、その糸の刺激によって皮膚細胞の新陳代謝機能を向上させ、肌たるみを改善するという方法です。どちらの方法にも一長一短がありますが、より即効性の高いリフトアップを望んでいる人には前者の方法が適しています。