たるみの有無で見た目年齢も大幅チェンジ|リフトアップの最前線

ハリのある肌へ

鏡を見るレディ

施術選びに注意

30代を過ぎると、法令線が目立ち始めることがあります。これは、顔のたるみが原因です。加齢とともに筋肉が衰え、重力に負けて肌が下がってしまうのです。年齢を重ねるうちに、さらにたるみは進行します。口の下にマリオネットのようなラインが刻まれることもあります。たるみを放置すると、老けた印象になるため、適切な対策をとることが必要です。たるみを解消するには、美容整形外科や美容皮膚科で特別な施術をするのが最も効果的です。リフトアップ効果のある化粧品もありますが、セルフケアには限界があります。美容整形外科では、メスを入れ、筋肉を引き上げることによってリフトアップ効果を得る手術が行われています。効果が大きい分、それなりの手術になるので、受けるには、体調管理などに気を付ける必要があります。そのほか、美容皮膚科では、サーマクールといったレーザー治療がなされています。一定の光を患部にあてるだけの手軽な施術になります。効果は、外科手術に比べマイルドですが、たるみ毛穴対策としては効果的です。そのほか、ヒアルロン酸を患部に注射し、たるみを解消する方法を採用するクリニックもあります。どの施術が自分に適しているのか、まずは専門医に相談に行くことが大切です。専門医は、各施術の良いところ、気を付けるべきところを丁寧に説明してくれます。また、美容整形外科や美容皮膚科の治療は、病気の治癒を目的とするものではないため、保険が適用されません。医師から、治療費の説明も受けることが大切です。

クリニックによっては

美容整形外科や美容皮膚科では、リフトアップ効果の高いさまざまな施術をしてくれます。クリニックによっては、さらにたるみを予防する生活習慣についてアドバイスをしてくれるところもあります。たるみは、長年の生活習慣によって生まれるのが特徴です。そのため、施術によってリフトアップを図ると同時に、たるみが現れやすい習慣を変えていく必要があるのです。たとえば、頬杖をつくと顔まわりに負担がかかり、たるみの原因になります。また、表情が乏しく、ずっと真顔でいる生活を続けると、顔の筋肉が発達せず、たるみをもたらします。評価の高い美容系クリニックでは、こうした生活に潜む問題点を指摘し、よりきれいになるための生活習慣を提案してくれます。人気のクリニックの特徴は、質の高い施術を提供するだけでなく、結果にこだわり、常に患者目線であるところにあります。患者の求めに応じるため、施術後の生活習慣や術後のケアの方法について、しっかりアドバイスをくれます。また、施術を選ぶときも、患者の意志を一番に考えてくれます。たるみと言っても、症状は人によって異なります。生活習慣に関する問診を行い、顔の症状を触診や視診を通して念入りに診察する病院は、評価が高いです。診察時間が長い分、予約がとりにくかったり、待ち時間が長かったりすることもありますが、病院と患者との間には信頼関係が生まれます。どの施術を選択するかも大事ですが、評価の高い病院の姿勢や特徴を踏まえて、自分に合った病院を選ぶことも大切です。