たるみの有無で見た目年齢も大幅チェンジ|リフトアップの最前線

自信を取り戻すために

目を閉じる婦人

たるみを改善

たるみは様々な老化現象の中でもシミのようにメイクで隠せるものではなくコンプレックスとなりやすい悩みの一つです。全体的に少しずつ下垂していくため、すぐには気づきにくいものです。電車の窓ガラスに映った自分の姿を見て初めて気づいたという方も、中にはいるでしょう。照明が明るいと陰影も分かりにくいのですが、暗いと陰影は濃く表れるため、電車などのガラスや照明が暗めのお手洗いの鏡などを見た時に、疲れた顔に見えやすい現象が起こりやすくなります。若い時には照明が暗い場所でも老けた印象に感じることはないように、ある程度の年齢を過ぎると着実に老け顔への変化は進んでいきます。若々しい印象を取り戻すにはたるみを改善することが近道です。リフトアップは顔のたるんでいる部位を引っ張り上げる手術で、美容外科などで受けることができます。皮下組織に特殊な糸を入れてたるんだ顔の肉を上へ引き上げるのです。手術と言っても短時間で終わる日帰り可能なリフトアップもあります。麻酔は局所麻酔や塗るタイプの麻酔が基本で、全身麻酔を使うような大掛かりな手術ではありません。皮下組織に入れる糸は入れたままにしておくので、特にトラブルが起きなければ抜糸する必要もなく比較的手軽に受けられる手術と言えるでしょう。日帰りで受けられるので仕事帰りに美容外科に立ち寄るといったようなことも可能です。美容外科の手術は何日も休暇を取らなければならないものというイメージをお持ちの方も多いでしょう。現代ではこういった日帰り手術は主流となりつつあるのです。たるみの有無で見た目年齢も大幅チェンジするでしょう。

メイクや入浴の再開時期は

リフトアップは手軽な手術と言っても糸を通すため肌に針穴程度の傷ができることは避けられません。傷と言っても後に残るものではなく、リフトアップを受けた後は優しく扱うなどの配慮をするだけで大丈夫です。術後すぐは腫れや痛みが出る方もいますが、時間とともに徐々に軽減されることがほとんどです。メイクはすぐにできるので翌日にすぐに出勤しなければならない方でも安心です。メイク落としの時は普段よりも優しく丁寧に落とすようにしましょう。入浴については当日は念のため控えておいた方が安心です。固く絞ったタオルなどで全身の汗を拭くなどして対処すると良いでしょう。翌日からは入浴もシャンプーもできるものがほとんどです。リフトアップの後のメイクや入浴については、それぞれの美容外科で指示が違うこともあります。また肌状態により個人差がある場合もあるので、美容外科の医師からきちんと説明を受けるようにしましょう。皮下組織に糸を入れるため最初は違和感を持つこともあるでしょう。しかし術後の違和感は慣れると気にならなくなるものです。あまりにも痛みや腫れに耐えられないという場合や、どうしても不安という時はリフトアップを受けた美容外科ですぐに相談してみましょう。信頼できる美容外科はアフターケアについても丁寧に対応してくれるものです。日帰りでリフトアップを受けてみたいという方は、たるみが改善できるかどうかだけでなく、アフターケアの制度がどのようになっているかについても注目して美容外科を選ぶと良いでしょう。

カウンセリング

大人気のリフトアップ治療

肌のたるみを改善して若返りたいと望んでいる人は、美容外科クリニックに行ってリフトアップ治療を受けるとよいです。いろいろな種類のリフトアップ治療がありますが、近年高い人気を集めているのは、皮膚の下に特殊な糸を埋め込む方法です。

鏡を見るレディ

ハリのある肌へ

法令線が目立ち始めたら、顔のたるみが進行しているので、適切な対策をとることが大切です。リフトアップをはかるなら、美容整形外科や美容皮膚科で施術を受けると効果が期待できます。いろいろな施術があるので、施術を選ぶときは注意が必要です。

頬を触る女性

顔のたるみの改善方法

リフトアップ手術は、皮膚のたるみを引き上げるためのものです。メスを使った切るリフトアップと、糸を使った切らないリフトアップの2種類があります。どちらもそれぞれにメリットがありますので、手術の特性を良く調べ自分に合った方法を取ることが求められます。